1. HOME
  2. お知らせ
  3. テクノロジー人材育成e-learning「TECH MASTER」をリリース

NEWS

お知らせ

ニュースリリース

テクノロジー人材育成e-learning「TECH MASTER」をリリース

ビジネスで使えるテクノロジー教養をオンラインでもっと簡単に

テクノロジー人材育成事業を展開するマインドテック株式会社(以下、マインドテック)は、2019年9月30日から、最新テクノロジーを活用できる人材育成を目的として、e-learning「TECH MASTER」を提供します。


TECH MASTERサイトURL
https://mindtech.co.jp/service/e-learning/

国内のAIをはじめとするテクノロジー人材育成を多方面から支援

AI(人工知能)は企業の生産性向上、業務効率化を推進する先端技術として期待がかかる一方、AIを利活用できる「ニューカラー」の確保、育成は深刻な課題となっており、2020年には約4.8万人の不足が見込まれております。 ※1)

また、AIのビジネス導入率は、米13.3%・独4.9%に対して、日本は1.8%という調査結果があり、日本のAI活用遅れが指摘されております。※2)

当社は、2016年6月より、企業向けにAIの受託開発、およびAI人材育成サービスを展開するAI TOKYO LAB株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:小野良太、以下、AI TOKYO LAB)をはじめとする国内のテクノロジーベンダーと協力し、テクノロジー人材育成事業を展開しております。これまでの実績とお客様からのご要望にお答えする形で、比較的人気の高い講座をe-learning「TECH MASTER」で展開し、オンライン受講を開始しました。

また、テクノロジー人材育成事業内で実施している各テクノロジーベンダーとのマッチングやミニラボサービスにおいて、AI TOKYO LABが展開する「AIミニラボ・AIアドバイザリー」を追加し併せて展開していきます。

マインドテックは、これからもサイエンステクノロジーとヒューマンサイエンスの融合を追求し続け、一人ひとりの可能性が最大限に発揮される世界を目指し、企業をサポートしていきます。

※1)NEDO(国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構)調べ

※2)MM総研「人工知能技術のビジネス活用概況」

e-learning「TECH MASTER」

e-learning「TECH MASTER」は、各最新テクノロジーに関して、入門編から実際のビジネスでの応用編まで幅広くオンラインで受講できるサービスです。今回のリリースに際し、「AI入門講座」、「AIビジネスプランナー講座」、「データサイエンス入門講座」を準備しており、今後各テクノロジー分野における講義を随時拡充していく予定です。

テクノロジー人材育成事業

当社が展開するテクノロジー人材育成事業は、「オンサイト集合研修」、「e-learning」、「アドバイス面談サービス」、「ミニラボサービス」の4つのプログラムをご用意しております。テクノロジーカバー領域は、AI、IoT、データサイエンス、セキュリティ、バイオテクノロジーの5つで、各領域においてそれぞれのテクノロジーベンダーと育成プログラムを共同開発しております。今後はさらなる領域の拡充と育成プログラムの質の向上を図り、国内のテクノロジー人材育成を支援してまいります。

AI TOKYO LAB株式会社
代表者 :代表取締役社長 小野良太
所在地 :東京都渋谷区本町三丁目12番1号住友不動産西新宿ビル6号館7階
設立  :2016年6月
事業内容:AIソリューション開発、AI導入コンサルティング、AI人材育成支援
URL  :https://www.aitokyolab.com/


マインドテック株式会社
代表者 :代表取締役 久場純哉
所在地 :東京都渋谷区東1-1-38 東常盤松マンション404
設立  :2016年11月
事業内容:テクノロジー人材育成事業、HRアナリティクス事業、人材プロデュース事業
URL  :https://mindtech.co.jp/


≪本件に関するお問い合わせ≫

マインドテック株式会社
広報:上田、久場
E-MAIL:info@mindtech.co.jp

最新記事