【基礎編】AIリテラシー基礎講座

経営者・事業責任者・ビジネスリーダーから支持を得た確かなカリキュラム!

※一部上場企業はじめ多くのAI導入実績を有す<AI TOKYO LAB&CO.>との共同開発プログラム

セミナー参加者の平均満足度 95% セミナー参加者のおススメ度 90%

2020・AIとの共創の鍵を手に入れるカリキュラム構成

  • AIの定義、歴史、種類、テクノロジー基礎知識を習得します。
  • ディープラーニングの構造、注目される理由、可能性について理解します。
  • AIの技術研究の最前線情報を理解します。
  • AIの研究、ビジネスの事例を通じて、私たちの生活空間・ビジネスシーンに、AIがどの様に浸透するか理解します。
  • 海外や業界別のAI活用導入事例を通じ、様々なビジネスシーンにおけるソリューションのイメージを習得します。
  • AIを活用したビジネスの特徴、AIを導入する際のポイントについて理解します。
  • AI導入の効果事例を通じて、AIを活用したビジネスインパクトについて理解します。
  • AIのスキル・人間のスキルを定義し、AI時代のハイブリッド型組織のイメージを獲得します。
  • AIのスキル・人間のスキルを定義し、AI時代の人間の活躍フィールドと能力開発ポイントを理解します。

ご参加いただいた企業一覧

logo

・・・他多数   

AIリテラシー基礎講座

30,000円  
  • ビジネスリーダーに必要とされるAI基礎知識
  • AIを活用したビジネス最新事例
  • AI技術研究の最前線
  • AI×人間のハイブリッド型未来組織におけるマネジメントスキル
基礎

公開スケジュール

10月29日タイル

開催日 10/29(日) 10:00~17:00

【会場】
東京都渋谷区渋谷1丁目8番地3号TOC第1ビル3階
【最寄】渋谷駅より徒歩4分
【定員】20名
【時間】10:00~17:00
【価格】30,000円(税込)

11月25日申込

開催日 11/25(土) 10:00~17:00

【会場】
東京都中央区築地3-1-10 Shinto GINZA EAST 6F
【最寄】新富町駅より 徒歩1分
【定員】20名
【時間】10:00~17:00
【価格】30,000円(税込)

※申込フォームページに移動します。
※申込フォームページでも日時の選択は可能です。
※申込フォームページで他の講座の選択も可能です。

参加者の声

株式会社ZENKIGEN 代表取締役 
(HRTechベンチャー)
豊富な事例が自社のAIの取り組みのヒントになった。他社の開発事例をケーススタディとした内容が非常にわかりやすく正しいAIの使い方と納得感が高かった。

■こんな方におススメしたい!
ビジネスマンの一般教養になり得る内容なので、意思決定に影響を与える全ての人。

株式会社グローレン 代表取締役 
(グローバル人材育成事業)
AIの現状・AIの学習プロセス・活用事例・AIに出来る範囲とできない範囲・人間の能力開発とAIのシナジーについてよく理解できた。


■こんな方におススメしたい!
現状ビジネスに危機感を持っている経営者や教育関係者。

株式会社京橋ファクトリー 代表取締役  
(WEBマーケティング事業・メディア事業)
AIと呼ばれる抽象的なものを、俯瞰的に捉えることができた。それに対して自社がどう向き合っていくかを考えるきっかけになった。


■こんな方におススメしたい!
新規事業開発担当者

大手映像制作会社 取締役  

「これから」のことなのでとてもワクワクする内容だった。AIが仕事を奪うのではないかという危機感は皆あるかもしれませんが、未知の領域は楽しみ。



■こんな方におススメしたい!
まだAIをきちんと理解できていない経営者、マネージャー、プロデューサー。

しまうまプリントシステム株式会社 部長 
(大手ネットプリント事業)
AIとの向き合い方、AIをビジネスに活かすための土台となる知識が身につきました。
社内のマネジメント層にも受けてもらって、同じような課題意識・問題意識を持ってもらいたいと思える内容です

■こんな方におススメしたい!
社内のマネジメント層

株式会社フォトクリエイト 部長 
(インターネット写真販売事業)
弱い人工知能という概念を理解し、組織作りや人材の育成における選択肢として持てるようになったことが大きいです。AIの役割を言語化し、現場に導入するための要件定義スキルがとても必要だと感じた。タスクで置き換え可能な業務を持っている部署の管理職はぜひ学んでほしい講座。

■こんな方におススメしたい!
タスクで置き換え可能な業務を持っている部署の管理職、経営層全般。

デロイトトーマツコンサルティング合同会社 
コンサルタント
 
専門家の中では、AIという言葉・概念は定義できないと結論付けられていることが印象的でした。一方で、確実に技術が進歩する中で、改めて自社は何をしたいのか、その中でAIは何に役経つのか、という問いに立ち返ることが重要だと感じました。


■こんな方におススメしたい!
事業開発担当者・経営企画担当者


株式会社モンスターラボ プロデューサー 
(音楽・ゲーム事業)
AIの概観だけでなく、「人」としてのAIとの関わり方、さらに自身のキャリアについて考えるきっかけとなるようなインプットを頂けたことが最も印象的だった。




■こんな方におススメしたい!
IT業界において、様々な業種・業態の人に接する機会を持つ方。
自身のキャリアについて考えている人。

有限会社ロッキングホース コンサルタント 
(事業コンサル)
AIのポジティブな側面を理解した上で危機感も抱いた。すでに多くのタスクがAIに置き換わっているという事実、AIに置き換えることのできない領域に対する自分自身の能力や適性の有無を考えるきっかけとなった。人間の本質に照らし合わせた自分自身の進むべき方向を、本気で考えなければいけないと感じた。
先の見えない時代において、必ず何かしらの「気づき」を得られると言える内容だった。

■こんな方におススメしたい!
20~30代の若手。

ITメガベンチャー Y.K 様  
(インターネット広告事業)
AI初心者だったので、初心者にもわかる内容でとても勉強になった。AIを考える上で、リッツカールトンとハウステンボスの観点は非常に印象に残った
改めてAIの基礎が学べて、自分の理解が足りていないポイントが明確になりました。ディープラーニングをもっと深堀したくなりました。

■こんな方におススメしたい!
まだAIについて知識が無いが、AIを使って何かをやってみたいという人。

ITメガベンチャー企業 S.M様 
(インターネット広告事業)
人工知能の種類がいくつも存在することが理解できた。個別の具体的な事例をインプットでき、AIビジネスの大枠を捉えることができた。





■こんな方におススメしたい!
ベンチャー大手のビジネス系・開発系の部次長以上。

組織開発コンサルタント 奥村孝志 様 

AIとの共存という点で、改めて自身が仕事を通じてどのような価値を出していくか考えさせられる内容だった。





■こんな方におススメしたい!
事業が転換期を迎えている組織のリーダー達。

※他の講座とのセットのお申込みで、 20,000円 のセット割引が適用になります。
※申込フォームページで複数講座のセットお申込みが可能です。

他の全てのプログラム・料金(税込)一覧表

AIリテラシー基礎講座

30,000円  
  • ビジネスリーダーに必要とされるAI基礎知識
  • AIを活用したビジネス最新事例
  • AI技術研究の最前線
  • AI×人間のハイブリッド型未来組織におけるマネジメントスキル
基礎

AIプログラミング体験講座

200,000円 (セット割価格:180,000円)
  • ビジネスリーダーに必要とされるAI基礎知識
  • AIを活用したビジネス最新事例
  • AI技術研究の最前線
  • AIプログラミング体験(ディープラーニング他)
応用

AI時代未来型組織マネジメント講座

120,000円 (セット割価格:100,000円)
  • ビジネスリーダーに必要とされるAI基礎知識
  • AIを活用したビジネス最新事例
  • AIのスキル定義と人間のスキル開発ワークショップ
  • AI×人間のハイブリッド型未来組織マネジメントワークショップ
応用

AIハッカソン講座

180,000円 (セット割価格:160,000円)
  • ビジネスリーダーに必要とされるAI基礎知識
  • AIを活用したビジネス最新事例
  • AIプログラミング体験(ディープラーニング他)
  • AI活用ハッカソンによるプラン策定
応用

プログラム監修・講師一覧

MindTech株式会社 代表取締役
AI Tokyo Lab &Co. シニアコンサルタント
久場 純哉 Junya Kubba

上場直後のサイバーエージェントでWEBマーケティング子会社立ち上げに従事し、執行責任者として、約3年半で同社を年商90億に成長させる。その後、複数のITベンチャー企業で営業、マーケティング、開発、新規事業の各部門を担当する本部長・役員等を歴任。2016年からAI TOKYO LABに参画し企業へのAI導入に携わる傍ら、MindTech株式会社を設立し、超AI時代の人材の能力開発を手掛ける。

Mindtech株式会社 取締役
渡部 達二 Tatsuji Watabe

ベンチャー企業数社にて 事業本部長、人事部長等を担当し、 ベンチャー企業が急成長する過程で経験
する成長の痛みや課題に向き合い、事業開発、組織開発、人材育成に従事。デジタルアニメーションの株式会社ゴンゾ及び写真ECの株式会社フォトクリエイトでIPO前後を通じて在籍。2017年よりMindTech株式会社に参画し、超AI 時代の人材の能力開発を手掛ける。

AI TOKYO LAB &Co. シニアアドバイザー
北海道大学 教授 工学博士
Sapporo AI Lab 座長
川村 秀憲 Hidenori Kawamura

2003年北海道大学大学院博士後期課程修了。同大学助手、准教授を経て2016年同大学教授。2007年~2008年、日本学術振興会海外特別研究員、ミシガン大学客員研究員。2017年6月から北海道の人工知能(AI)の産業活用を広げるための産学官の組織「Sapporo AI Lab」の座長に就任し、北海道のAI活用における中心的役割を担う。人工知能に関する発表論文多数。

AI TOKYO LAB &Co. 代表取締役
北出 宗治 Muneharu Kitade

米コンサルティング会社(D.C)、米レコード会(NYC)にてリサーチ&マーケティングを担当。帰国後、英会話学校事業の立ち上げに参画し、ITシステム部、WEBマーケティング部を統括する同社の株式上場に貢献。その後、ライブドア社にてメディア事業部マネージャー、GMOマーケティング社にて取締役を務めた後、電通isobarなどで大手企業を中心にコンサルティング、ソリューションサービスを提供。2016年6月にAI TOKYO LABを創業。

AI TOKYO LAB &Co. AIアーキテクト
小野 良太 Ryota Ono

北海道大学博士後期課程修了。
主に最適化問題、マルチエージェントシミュレーション、情報推薦、観光情報について研究。在学中に川村教授らと共に株式会社調和技研を設立し、同社の研究開発事業、イベント情報配信サービス「びもーる」の開発、運用に携わるなどAIブームの到来前から自然言語処理や最適化等の技術をアカデミック、ビジネス両面において取り組む。博士号取得後は北海道科学大学や北海道情報大学の非常勤講師を兼任。

PAGE TOP