1. ホーム
  2. 解決できる課題
  3. DX人材を育成したい

DX人材を育成したい

目次

DX人材とは?

DXプロジェクト推進を先導し、企業組織やビジネスモデルに変革を起こすことが期待されている人材がDX人材と言えます。

DX人材は、デジタルテクノロジー、ITなどの専門分野に精通し、様々な技術を活用するだけのスキルがある、デジタル人材であることが絶対条件になります。またAIやIoTといった最先端テクノロジーにキャッチアップし「企業活動におけるデータの重要性を理解し、それを用いて目標達成までの道筋を立てられる」であったり「自身の知識とスキルで、今までにないものを創り出すことができる」などというように、ビジネスパーソンとしての広い視野も必要となります。

デジタル技術というと、エンジニアやプログラマをイメージするかもしれませんが、DX人材には、より広い分野・業種で通用するスキルが必要です。独立行政法人情報処理推進機構(以下、IPA)は、『デジタル・トランスフォーメーション推進人材の機能と役割のあり方に関する調査』(※)の中でDX推進人材の6職種として以下のように例示しています。

DXを担う6つの職種

プロデューサー

DXやデジタルビジネスの実現を主導するリーダー格の人材(CDO含む)

ビジネスデザイナー

DXやデジタルビジネスの企画・立案・推進等を担う人材

アーキテクト

DXやデジタルビジネスに関するシステムを設計できる人材

データサイエンティスト・AIエンジニア

DXに関するデジタル技術(AI・IoT等)やデータ解析に精通した人材

UX・UIデザイナー

DXやデジタルビジネスに関するシステムのユーザー向けデザインを担当する人材

エンジニア・プログラマ

上記以外にデジタルシステムの実装やインフラ構築等を担う人

※CDOとは・・・Chief Digital Officer(最高デジタル責任者)またはChief Data Officer(最高データ責任者)の略

出典

「デジタル・トランスフォーメーション推進人材の機能と役割のあり方に関する調査」,『独立行政法人情報処理推進機構(IPA)』

なぜ今DX人材の育成が必要なのか?

多くの企業でDXを推進するための人材育成の必要性は認識されているものの、実際にどのような役割とスキルを持った人材が必要かを定義し、具体的な育成プランを立てている企業は、まだ少ないのが現状です。

DX(デジタルトラスフォーメーション)が進んでいる中で、社内インフラやソフトウェアの更新やビジネスモデル変革したいのにDXを担う人材が慢性的に不足していて頓挫しているといった課題をお持ちの企業も多いのではないでしょうか?

顕著になるDX人材不足

あらゆる産業でITが浸透し、IT人材の活躍の場は今後も拡大していきそうです。
さらに近年はAIやIoTなどの技術が発展し、DXを推進する人材の不足が加速しています。

では、具体的にどのくらい人材が不足する見込みなのでしょうか。

AI人材不足について

IT人材白書2020では、ITの需要の伸びが高い場合、中程度の場合、低い場合の3段階に分け、IT人材の不足状況について予測が行われています。IT分野の需要が高い場合、約79万人の人材不足、低くても約16万人の人材不足になると試算されています。

その様な中、「データサイエンティスト」や「AIエンジニア」だけでなく、「プロデューサー」や「ビジネスデザイナー」などDXのスキルを持ち合わせた人材の獲得はさらに激化していくことが予測されます。採用だけに頼ったDX組織体制の構築は、自社のDX推進を遅らせデジタルディスラプター(※)といったテクノロジー新興企業に、顧客を奪われるというリスクに晒されるといったことも考えられます。だからこそ企業は、採用だけに頼らない、DX人材の育成を他社に先行して行っていく必要があると言えるでしょう。

※デジタルディスラプターとは・・・クラウドやビッグデータ、IoT、AIなどのデジタルテクノロジーを活用することにより、既存の業界の秩序やビジネスモデルを破壊するプレイヤー(主にベンチャー企業)を指します。

DX人材に求められるスキル・知識・リテラシー

DXプロジェクトには、経営リーダー、プロデューサー、ディレクター、エンジニア、デザイナーなどあらゆる階層、あらゆる職種の人材が一致団結して取り組む必要があります。これらの人材に共通して求められるのは、以下3つのリテラシーです。

5つのリテラシー

01

最先端テクノロジーのキャッチアップ

AI・IoTのみならず、VR・MR・5G・量子コンピューティング・バイオテクノロジーなど、様々な最先端テクノロジーが日々研究開発されビジネス環境への実装が進みつつあります。AIでさえも、まだまだ発展途上のテクノロジーで、今後も進化していきます。DXプロジェクトに関わる人材は、それぞれテクノロジーの現在地点と今後どのようなことが実現できるようになっていくのか、テクノロジーのロードマップを押さえておく必要があります。

02

カスタマージャーニー思考(生活者起点のUI・UX)

スマホやIoTの浸透によって、生活者とのタッチポイントは飛躍的に広がってきています。DX時代には、リアルな体験だけではなく、テクノロジーの接点を考慮した、顧客体験の設計が重要になってきています。製造業やメーカーでさえも、作れば売れるバリュージャーニーのモデルから、生活者起点で顧客価値を創造するバリュージャーニーモデルへの変革が迫られているのです。

そのためには、既存のビジネスを合理的に推進するためにロジカル思考ではなく、生活者起点でビジネスを考える、デザイン思考やUI・UX思考をフルに使いこなしてプロジェクトに取り組む必要があります。

03

データリテラシー

データサイエンティストだけではなく、ビジネスパーソンであっても、データの重要性を理解し、扱い方や活用方法を理解する必要があります。データを分析することで、新たな知見を得たり、お客様のニーズを発見したり、未来を予測することが可能になります。

どのようなデータを集めることで、どのような顧客価値の提供につながるのか、またそのためにはどのような手法でデータを分析する必要があるのか?DX推進に関わるメンバーは、どのような職種であれ、このことを理解してプロジェクトに取り組む必要があります。

04

挑戦し続けるマインド

DXを実現させるにはいくつもの壁が存在します。既存システムの問題点を把握し、新システム導入のために廃棄・軽量化を実行する中で、失敗を経験したり、新しい知識・スキルを身につけたりする必要が出てきます。そのため、DX人材にはハードスキルだけでなく、マインドセットがより求められます。「DXを成功させるまで挑戦を止めない」といったマインドセットを持った人材が求められているのです。

05

ネットワーク構築力

DXプロジェクトの推進力を上げるためには、社内のあらゆる部門と連携して、顧客の情報を吸い上げ、データを連携し、顧客のジャーニー体験の向上を実現するためにオペレーションを改善するのはもちろんこと、外部のパートナーと連携することで、双方のデータを統合することでデータの価値をさらに高めたり、自社の持ち合わせていないテクノロジーに強みを持つベンダーと組むといったことも考えられます。プロジェクトに関わるメンバーが自身の持ち場の周辺ネットワークを常に意識してネットワークを構築しておくことで、DXプロジェクトの推進力には大きな差が生まれてきます。

6つの職種に求められるスキル

プロデューサー

プロデューサーの役割とは「顧客・パートナー・事業部門との良好な関係を構築・維持し、イノベーションの創出から事業化までの全プロセスを一貫して統括する」ことであり、必要とされるスキルは以下の3つです。

ビジネス・マネジメント力

事業全体を俯瞰的に把握し、投資や経営資源の配分などに対して的確な意思決定ができるスキル

外部環境把握力

自社の業界を理解し、ビジネスを取り巻く社会・経済の環境変化と将来動向を読み解くスキル

組織牽引力

内部・外部の人材・組織を巻き込みながら、人脈を拡大し、必要となる体制構築や予算確保を牽引するスキル

ビジネスデザイナー

ビジネスデザイナーの役割は「マーケットや顧客の課題やニーズをくみ取って、ビジネスやサービスを発想し、能動的に提案を行ったり、事業部門やパートナーと共に企画を構築する」ことであり、必要とされるスキルは以下の3つです。

着想力

市場や顧客の課題やニーズをくみ取って、ビジネスやサービスを発想し、それを有効なコンセプトに発展させるスキル

企画構築力

アイデアやコンセプトを、分析・組み合わせ・図解・説明などを駆使して、魅力ある企画に仕立て上げるスキル

ファシリテーション力

ビジネスの現場やチーム内の合意形成や相互理解をサポートし、議論の活性化および協調的活動を促進させるスキル

アーキテクト

アーキテクトの役割はより具体的に「ビジネス及びIT上の課題を分析し、ソリューションを構成する情報システム化要件として再構成する」ことです。

DXプロジェクトを推進する上で、アーキテクトに必要とされる重要なスキルとして「アーキテクチャ設計」、「設計技法」、「標準化と再利用」、「コンサルティング技法の活用」など挙げられます。

データサイエンティスト・AIエンジニア

データサイエンティストの役割は「センサー・通信機器の発達、ネットサービスの普及などにより、収集・蓄積が可能となった膨大なデータ(ビッグデータ)から、ビジネスに活用する知見を引き出す」ことです。

DXプロジェクトを推進する上で、データサイエンティスト・AIエンジニアに必要とされる重要なスキルとして「ビジネス力」、「データサイエンス力」、「データエンジニアリング力」の3つが挙げられます。

UX・UIデザイナー

UXデザイナーに必要されるスキルは、UIデザイナー/Webデザイナーに求められるスキルがそのまま当てはめられます。

DXプロジェクトを推進する上で、UI・UXデザイナーに必要とされる重要なスキルとして、ウェブデザイン技術、ウェブビジュアルデザイン、ウェブサイト設計・構築技術などが挙げられます。

エンジニア・プログラマ

デジタルシステムの実装やインフラ構築等を担う業種です。さまざまなビジネスアイデアをプログラムに落とし込み、可視化させる役割を担っているので、プログラミングに関する高度な知識や技術が必要とされています。

DXプロジェクトを推進する上で、エンジニア・プログラマに必要とされる重要なスキルとして、ソフトウエアエンジニアリング、業務分析、コンサルティング技法の活用、知的資産管理(ナレッジマネジメント)活用、「プロジェクトマネジメント、リーダーシップ、コミュニケーション、ネゴシエーション」の8項目が挙げられます。

DX人材育成にありがちな失敗

Case 01

自社に必要なDX人材の
要件定義ができていない

一口にDX人材と言っても、自社の事業特性、今後の事業方針、組織慣習等によって、必要なDX人材や求められるスキルのポイントも変わってきます。また、取り扱うデータによってもカリキュラムの重要ポイントが変わってくるでしょう。DX人材育成の企画を担当する人は、自社に必要なDX人材の要件を定義した上で、立体的にDX人材育成の企画構想をしていく必要があります。

Case 02

学術的な最先端知識の
インプットに偏り、実践的なノウハウが
薄いカリキュラム

これまで企業のDX人材育成責任者にお話をお伺いして、もっとも多かったのがこの失敗です。DX関連技術はまだ研究開発のステージにあり、日々、研究論文もアップデートされ学術フィールドに主導権がある分野とも言えます。しかし、ビジネスの実装においては、それとは別に実践的なノウハウが必要になってくることを忘れてはいけません。DX人材育成の企画設計においては、両方のバランスを意識してコンテンツを押さえる必要があるでしょう。

Case 03

研修やeラーニングのカリキュラムが
自社の課題やテーマに則していない

DX人材不足の課題を解決するために、多くの企業がDX人材育成講座を提供し始め、「E資格」や「G検定」の様な仕組みも整ってきました。皆が受けているから、人気の講座だからという理由だけで、研修やeラーニングのカリキュラム選定を行ってはいないでしょうか?もちろん基本的な知識やノウハウを押さえるためのカリキュラムはとても重要で、しっかりと設計に組み込んでいくべきでしょう。しかし、これからは、自社の課題やテーマに則した、もう一歩踏み込んだカリキュラムを設計していくべきでしょう。本当に自社に必要なDX人材は誰なのか、自社の人材の強みはどこで弱みはどこにあるのか?今後伸ばしていくべきスキル要件は何なのか?これらを複合的に検討し、自社の課題やテーマに則したカリキュラムの開発やオーダーメイドが必要になってきていると言えるでしょう。

Case 04

研修は実施したが、
実践で活かす機会が少ない

多くの企業が研修やeラーニングを通じたDX教育の提供機会は整えつつありますが、事業活動において、せっかく学んだDXスキルを活かす機会を創出あるいは用意できていない企業が多いのが現状です。機会を作るのは経営やマネジメントサイドの役割です。今、組織開発の現場で必要となっているのは、DXの人材育成だけではなく、それと並行して、DXプロジェクトを発足させ、事業活動におけるDXビジネスの実態を作りながら、DX人材が育つ実践的な機会を作り出していくことと言えるでしょう。

Case 05

他の職種のようにOJT環境が
整えられていないため
継続的な成長につながらない

研修やeラーニングの中で身に付くスキルは、実践的な要素が盛り込んであったとしても、やはり、1対多の参加者向けにアレンジされた標準的かつ汎用的な要素に絞り込んだコンテンツであることに間違いありません。そう考えると、やはり、現場での実践教育環境は必要ですが、DX人材を既に多く抱えるIT企業でない限りこのような環境を用意できていないというのが現状でしょう。

DX人材育成に必要なこと

上記の様な失敗をしないために、DX人材育成においては、以下のポイントを押さえましょう。

Point 01

自社におけるDXの取り組みから逆算し
必要なDX人材の要件を定義すること

自社におけるDXの取り組みと、そこに必要なDX人材の要件を定義しましょう。今後どこまでを内製化していくのかでも、必要な人材は変わってきますので、中長期的な事業方針の中で、DXの人材要件を定義していきましょう。

Point 02

学術的な知識レベルのインプットだけではなく、
実践的なノウハウを押さえること

最先端の知識のインプットだけではなく、実践的なノウハウの吸収を意識してカリキュラムを設計しましょう。今後は技術的な側面だけではなく、プロジェクトマネジメントのビジネスサイドのノウハウもより重要になってきます。

Point 03

現場の課題やテーマと則した
教育研修カリキュラムを設計すること

現場や受講者の課題やテーマに則したカリキュラムを設計しましょう。
よくあるケースでPythonも扱ったことがないのに、いきなり機械学習の研修に参加し、何も吸収できずに終わってしまったということもあります。ゴールは高かったとしても、現状に則して段階的にカリキュラムを設計してくことが重要です。

Point 04

実務の中で継続的な学びの場を設計すること

実務の中で継続的な学びの場を設計しましょう。具体的には、最初は小さくてもDXプロジェクトを発足させ、DX活用の企画を考えたり、実際のビジネスデータを扱う場面を増やしていくことが大切です。大上段に構えすぎるとプレッシャーも大きくなり、失敗した時のリスクを考えメンバーが萎縮してしまいがちです。組織として成果も大切ですが、学びの中なら成果が生まれてくるケースが多々あることも事実です。まずは継続的な学びの機会を設計しましょう。

Point 05

躓いた時に成長を支援してくれるメンターが
持てる環境を用意すること

各企業で取り組もうとしているDX課題やテーマは様々で、また、取り扱うデータや、システム環境も多岐にわたっています。さらには、置かれているステージもまだ準備段階なのか、既にデータを集め始めている状況なのかで全く異なります。このような個別具体的な状況下、初めて向き合う課題の中で、常に相談できる先輩メンターがいることは、成長スピードに大きな差が出てきます。

マインドテックのDX人材育成サービス

自社に必要なDX人材の要件整理から相談したい

Service 01

DX人材育成プラン無料相談

御社のDX取り組み状況や課題をお伺いし、DX人材育成の企画ポイントをアドバイスします。

メリット

  • DX人材育成計画のチェックポイントが分かる
  • 自社のDX人材要件設計のアウトラインが描ける
  • 自社のDX人材育成カリキュラムの設計ポイントが分かる
  • 他社のDX人材育成の取り組み状況が分かる

自社のDX人材の現在地点を知りたい
DX人材育成教育の効果検証がしたい

Service 02

DX人材育成育成アセスメントサービス

DX人材育成候補者のスキル状況を簡易的なアセスメントを通じて可視化します。研修前後で受けることで効果検証もできます。

メリット

  • 受講者層の現在地点を把握することでカリキュラムポイントが分かる
  • 研修の前後で受けていただくことで研修効果の検証ができる

DX人材育成の研修カリキュラムを総合的に相談したい

Service 03

オンライン型集合研修

ビジネスパーソンからエンジニアレベルまで、学術面と実践面のポイントを押さえた幅広いラインナップを揃えています。また、自社独自の課題に合わせたカスタマイズにも柔軟に対応しています。

メリット

  • DXビジネスプランナーからエンジニアまでワンストップでの実施が可能
  • 自社の課題に合わせた様々なオーダーメイドも可能

DX人材育成のeラーニング環境を作りたい

Service 04

eラーニング「TECH MASTER」

ビジネスパーソンからエンジニアレベルまで、学術面と実践面のポイ ントを押さえた幅広いラインナップを揃えています。また、貴社のeラーニング環境へのデータ納品にも対応しています。

メリット

  • DXビジネスプランナーからエンジニアまでワンストップでの実施が可能
  • 自社のeラーニング環境への組み込みも可能

研修後の継続的な成長支援の仕組みを作りたい

Service 05

メンターマッチング「Techmate」

テックスキル特化型のメンターマッチングサービス。様々なIT企業現場の最前線でDX人材として活躍するスペシャリストがメンターにつき、一人ひとりの継続的な成長をサポートします。

メリット

  • 社内にDX熟達者がいなくても頼れる先輩が見つかる
  • 個別具体的な課題について相談できる
  • 研修後もOJTの様な成長支援の環境が用意できる

実務の中で継続的なDX実践の環境を作りたい
DXのプロジェクトをスタートさせたい

Service 06

DX Project Lab

貴社のDXプロジェクト発足から軌道に乗るまでのプロセスを、DXのスペシャリストが、包括的にアドバイス支援するサービスです。DX導入初期段階のラボチームとしてご活用いただけます。

メリット

  • DXプロジェクトの推進プロセスが分かる
  • 社内にDXプロジェクトのスペシャリストが育っていない段階から、プロジェクトをスタートさせることができる
  • 社内にDX・AIエンジニアがいなくても技術的な判断ができる
  • 社内にDX・AIエンジニアがいなくても簡易的なプログラム検証ができる

AI人材育成に関するご相談や、
ご不明な点は
お気軽に
お問い合わせください。

03-4567-6291

受付時間:平日8:30~17:30